カテゴリー
ひとりごと

ともしび

2月なのに春のような暖かさ

朝は霧が深くて、先が見えなかった

前の車のライトがたよりだった

深い霧で視界が悪くても

暗い闇の中であっても

明かりを見つけると安心する

そこに向かえばいい

そのあかりについていけばいい

導いてくれるようやそんな気持ちになる

あなたの明かりはなんですか?

私の明かりは、まだわからない

カテゴリー
ひとりごと

これから、ではなく「今」

これからの10年を

長いと思うか短いと思うか

あと10年もと思うとへとへとになりそう

あと10年でと思うと案外あっという間かもしれない

どちらにしても、

今をどう生きるか

今、何を感じて、何を思うか

今をどう過ごすか

同じ10年でも、違う

避けられない10年なら

変えられない現実にとらわれるより

変えられる今と向き合う

やっと人生折り返し

まだまだ、先は長いんだ

カテゴリー
ひとりごと

3月に京都に行く予定だった

お気に入りのセレクトショップで

お洋服を買うことが楽しみだった

私の仕事のモチベーションにつながるから

友だちとあーだこーだ言いながら

着せ替え人形みたいにいろんなお洋服をきて

お気に入りを見つける

新しい自分に、今までとは違う自分に

なれた気がするから

その楽しみの旅行をキャンセルした

なんといって断ろうかと考えたけど、

正直に今の家庭のことを話した

誰にも言えなかったこと

相談したわけではないけど、

誰かに言えたということは、

自分の中では大きなことだった

何も解決していないし

何も変わっていないけど

なんだかよかった

不思議な気持ちにつつまれた

カテゴリー
ひとりごと

ホワイトライ

嘘には2種類ある

人を傷つけるための嘘と

人を傷つけないための嘘と

人を傷つけないための嘘は

時に後者は

相手だけでなくて

自分を傷つけないための嘘でもある

それを

White Lie

というそうだ

優しい嘘

でも、それも自分にとって、というだけで

相手がどう受け止めるかわからない

やっぱり嘘は、

どんな嘘もつかないことにこしたことはない

カテゴリー
ひとりごと

相談

私には相談できるような友はいない

そう思っていた

昔から人の話を聴くことのほうが多かったように思う

でもそれが「相談」という認識はなかった

アドバイスするわけでもなく

ただ、話を聴く

なんとなく話しやすい

そう言われることが多かった

うなずいたり、相槌をうったり、

割と自然にできていたから、

ほどよいその反応が話しやすさに繋がっていたみたいだ

「相談」

そう考えると、とてもハードルが高くなる

でも、実際は

相談しようと考えながら

言語化することで、

心の整理を自分でつけているように思う

ただし、それができるのは

相手を信頼して、心を開けなければできない

そう、私には相談できる友だちがいないんじゃない

ただ、私が心を開いて

言葉にする勇気がないだけだった

そしてそれは、

心のの奥にある

まだ受け止めれない自分の結論を

受け止めたくないからかもしれない

カテゴリー
ひとりごと 日々のくらし

そう、思うことにした

初めて仕事をずる休みした

新卒から今まで18年

何度も行きたくないと思ったことはあったけど

私の中の小さな私がそれを許さなかった

だけどこの日、

初めて仕事をずる休みした

誰にも会いたくなかった

誰の話も聞きたくなかった

布団の中で丸まっていたかった

解決するわけでもなく

現実が変わるわけでもなかった

逃げたい時は逃げればいい

でも、逃げ続けることはできない

どこかで必ず向き合わなくてはならない

向き合う勇気とエネルギーをためるために

この日、私は逃げたんだ

そう、思うことにした

カテゴリー
ひとりごと 未分類

延期

40歳までに1000万円ためて

第二の人生を考えようと思っていた

40歳からならまだ60歳まで20年ある

新しいことをはじめてことを成すのには

違う人生をスタートするのに

ちょうどいいと思ったからだ

そう思ったのは34歳

これから先も一人で生きていこうと思っていた時だった

ところが38歳、私は結婚をした

新しい道に私は後悔してはいない

私は第二の40歳からの人生を

新しい視点で考えるようになった

ひとりからふたり

今年その40歳を迎える

でも、あと10年

私のスタートは延期になったみたいだ

カテゴリー
ひとりごと

精神安定剤

何かしらみんな不安を抱えていきている

持っている人は失わないか

持っていない人は足りないことを

こんなふうに考えてみた

私は全財産を失ったわけではないと

私ぐらいの年齢なら

マイホームを購入して、ローンを払っているとか

車を買って、ローンを払っているとか

子どもの教育ローンとか

何かしらお金を借りて過ごしている人がいる

もしかしたら退職金を最後の支払いのあてに

という人もいるだろう

そう、私もそれと同じ

使ってしまったと思うことにした

そしたら、あとはもう

なんとか支払いを終わらせて

また貯めればいい

人に流されるのが嫌いで

みんなと同じものを持つのがなんとなく嫌な私が

今は、

同じ人がいるということが

私の精神安定剤になっている

もし、今私が綴っているこのことばが、

誰かのそれになったらいいなと思った日だった

カテゴリー
ひとりごと 日々のくらし

覚悟の話

覚悟というキーワードを昨日だした

何かを選択するとき

どうやって決めているか

Aを選択した場合は…?

Bを選択した場合は…?

とそれぞれをイメージする

それが自分にできるかどうか

自分がその結果に耐えられるかどうか、と

物事にはいつもいろいろな側面がある

Aを選択しても

Bがよかったと思う瞬間はきっとあるだろう

逆にBを選択しても

Aがよかったと思う瞬間がきっとあると思う

それでも

「これでよかった」と言えるかどうかは

そう決めて進んできた自分を

信じてあげられるかどうかだ

自分の選択を

良きと判断するも悪しと判断するも

結局は「自分」

それなら、

よかったところは、そのまま生かして

課題だと、ダメだったと思ったところは

これからのために修正する

失敗ではなく経験として

カテゴリー
ひとりごと ダイエット

最後は自分

何をするにも決定しているのは自分

誰かに言われたとか

アドバイスをもらった通りにしたとか

これしかなかったとか

思うことはいっぱいある

それでも、最後に

やる ・ やらない

を決めて、行動する(した)のは自分だ。

やる選択も

やらない選択も

悩み続ける選択も

全部自分がしている

もしあなたがなにか迷っていて

決めかねているなら

あなたに必要ないものは、

きっとどんな結末も受け入れるという覚悟だけ

その覚悟さえ決めるのは自分