カテゴリー
ダイエット

3桁までの道のり

ポテトチップスと過ごした大学生活

あまり意欲的な学生ではなかった

社会にでる猶予が欲しかった

今思えば、そうだったと思う 

思い出はバイト

バイトは某牛丼チェーン

まかないつき!

デブには最高の職場笑

朝から晩まで働いたこともあった

昼ごはんは牛丼大盛り

夜ごはんは豚丼大盛り

帰ったら、母の夜ごはん

一日、4食とおやつ

かなりの重労働だったけど、

しっかり食べているから痩せるはずもない

ただ、それでもまだ3桁には届かない

カテゴリー
ダイエット 未分類

生粋のおでぶちゃん

物心ついたころからのおでぶちゃん

幼い頃は、

ぽっちゃりしてかわいいねー

とよく可愛がられた

いい顔してーっと言われて

にかーっと満面の笑みを浮かべると

みんながうれしそうに笑ってくれるのが

私もうれしかった

小学校高学年からは、

ぽっちゃり→肥満児

に周りの目が変わっていくのを感じた

そう、いわゆる「デブ」

一人呼び出されて、

保健室で毎月体重測定させられた

嫌だった

中学はソフトボール部

高校はハンドボール部

運動は嫌いじゃない「走れるデブ」だった

なにより、動いた分、食べられるんだ

食べても、太らない…

いや、食べてもあんまり、太らなかった

ただ、高校の部活引退後、

運動しないのに食生活は変わらないので

半年で10キロ太り

卒業式に制服がパツパツで恥ずかしい思いをしたことは

忘れられない苦い思い出だ

大学時代に入り、バイトを始めた

自分で自由にできるお金が増えた

今まで食べたかったけど、食べなかったものを

いろいろ買って食べた

学食でランチしたら、デザートのプリン

暑い日は、アイスクリーム

小腹が空いたらポテトチップス

後になって大学時代の友人に、

私といえばポテトチップスだなぁ

と言われるほどだ

私はほぼ毎日ポテトチップスを一袋食べていた

それでもまだ、3桁の大台には届かない

私の102キロまでの道のりはまだまだ長い笑

カテゴリー
ダイエット

ダイエット

29歳独身女子 102キロ

健康診断で不正脈をしてきされ

自分の体について考えた10年前

まずは、体重を落とそう

でも今まで何度もチャレンジして

減らしては戻り

減らしてはさらに増えるの繰り返し

私は私にお金を注ぎ込むことにした

そう、糖質制限と筋トレのあのパーソナジムに

土日のどちらかは、

そんな私のダイエットについての記録を

私のために残そうと思う

私がワタシとしてこれからも過ごすために

カテゴリー
ひとりごと ダイエット

最後は自分

何をするにも決定しているのは自分

誰かに言われたとか

アドバイスをもらった通りにしたとか

これしかなかったとか

思うことはいっぱいある

それでも、最後に

やる ・ やらない

を決めて、行動する(した)のは自分だ。

やる選択も

やらない選択も

悩み続ける選択も

全部自分がしている

もしあなたがなにか迷っていて

決めかねているなら

あなたに必要ないものは、

きっとどんな結末も受け入れるという覚悟だけ

その覚悟さえ決めるのは自分

カテゴリー
ひとりごと ダイエット

現実は日を追うごとに

なんとかするしかない

目の前のことにガムシャラな時はいい

でもときに

プツンっと音がする

張り詰めていたものが切れる音

ダイエットにしても

仕事にしても

人間関係にしても

そういう時がくる

一回だけじゃなくて

立て直しても立て直しても

何度もやってくるかもしれない

またか…

全財産を失ってたと知ったときは

必死でこれからのことを考えるしかなかった

これを乗り越えたら、

ひと皮むけた新しい自分になれるかもしれないなんて

どっかで思っていたのかもしれない

でも

現実はそんなに甘くなかった

私の中のいろいろな感情が

突然あふれてきて、とまらなくなる時がある

この先は何があるんだろう

どんな私が待っているんだろう

どうにもならない感情に

どうしようもない自分自信さえも

それが自分なんだと思えるようになりたい

不安は不安をあおっていくだけだから、

夜に考えることだけは避けよう

カテゴリー
ダイエット 日々のくらし

プライド

今までの自分から

何かしら気持ちが変わったり

見た目や雰囲気が変わると

なんだか以前の自分を知る人と会うことか

こしょばゆいというか

緊張するというか

それがプラスの変化なら

最初の数分でそれも解消する

でも

それがマイナスな変化だったらどうだろう…?

経済的に今までどおりではなくなって

電卓を何度も何度もたたいては一喜一憂して

何かに誘われると苦しくなって

旅行の予定をキャンセルしなくてはならない

でもそれは

自分のプライドが邪魔してるだけ

断ることが申し訳ないとか

一緒に行けないことがつらいとか

それよりも

余裕ぶってた自分に余裕がなくなったという

ちっぽけなプライドが

自分が自分を窮屈にしてるだけ

さぁ、この壁を乗り越えることができるだろうか

満月の日に考えていたこと

カテゴリー
ダイエット 日々のくらし

習慣のつくりかた

二つ目のチャレンジに私は日めくりを選んだ

毎日1枚めくる

今までも何度かチャレンジしたことはあったけど

いつのまにか、

めくらないまま何日…何ヶ月なんてことも

でも、やりたかった

それは、

とても素敵な日めくりをいただいたから

そこには毎日名言と一緒に月が描かれていて、

月の満ち欠けのデザインがとても良いきれいだった

部屋に飾りたいと思った

毎日名言に触れて自分を鼓舞したかった

そこためには、毎日めくる必要がある

そこで私は考えた

毎日、これなら忘れない!

そんな方法を

それは、電気のスイッチの横に飾ること

私の部屋は北側だったから、

朝起きたらまず、電気をつける必要がある

もうそれは、私に染みついた自然な流れだった

そうすれば、必ず私の目に日めくりが目に入る

目に入れば、必ずめくる

習慣にするのは難しい

でも、すでにあるものに付け足すことなら

できるかも

カテゴリー
ダイエット 日々のくらし

ゆっくり進める

この10年

そうこの10年は怒涛のようだった

30歳になる年

さすがにやばいっ!と思って

当時98㎏の私はダイエットを始める

最後にしなくちゃって思って

高いパーソナルジムの戸をたたきその場で入会

分割何回払いって額を投資した

そのかいあって

極限まで頑張って

8カ月で60kgまで体重をおとした

そこからはジムから離れて自己管理

リバウンド80kgも経ながら

今はだいたい60kgを維持している39歳

見た目はかわり、

できることが増えて、

これまでのデブ30年を取り戻すかのように

この10年近くを走り抜けてきたと思う

あれも、これも

今まで無意識のうちに

無理だとあきらめていたこと

はやく、はやく

時間をうみだすために効率よく

Time is money

のんびりだった性格はかわり

せっかちになった

今、私は息切れしている

疲れ果てた体は悲鳴をあげて

カラダが硬くなってる

これからは、同じことをするにしても

もっとゆっくりでもいいんじゃないかな

ごはんを食べることも

歩くことも

お風呂にはいることも

過ごし方をゆっくりにして

いつもより時間をかけてもいいんじゃないかな

そんなことを思えた休日だった

カテゴリー
ダイエット

できた!

歯磨き3分を続けることができたのか…

今でも続けている

そりゃあ、

毎朝、歯を磨くことはもともとできていたから、

それを3分にしただけ

タイマーを洗面所に用意して

スタートを押してはじめる

音が鳴ったら、歯磨きを終える

長さを変えただけ

もともとできてたことなら、できるに決まっているじゃないか

と思うかもしれないけど、

朝の3分は忙しい時には長い

時間の確保やまぁ今日は少し早くても…

そんな気持ちがないわけでもない

どんなに小さな日常でも

どんなに些細なことでも

変わる中には、

大なり小なり葛藤や気持ちの変化はつきもの

それでも、

「それくらいのこと」ができるかどうか

続けられることかどうか

人間って弱いと思う

あなたの、できた!

こんな小さなことからスタートしてみませんか?

カテゴリー
ダイエット

自信

人は自分ができると思うことしかしない

何かの本で読んだフレーズ

この言葉があったから

私はダイエットに成功したと思う

痩せたいと思っているとき、

無意識に大きな変化を求めてしまっていた

一日100gでも、

一週間700g

1カ月だと3キロだ

なのに、

今日もこんなに頑張ったのに

100gしか減らなかった

と思ってしまっていないだろか

そうすると、

やっても意味がなかった

やっぱりダメだった

そんな気持ちがじわりじわりと自分を占領していて

ついにはあきらめてしまう

私のダイエットのパターンはこんな感じで

痩せる太るを繰り返してきた

そうすると

ダイエット=無理なこと

となり

自分にできるとは思えなくなり

続かなくなり、あきらめる

でも、逆に言うなら

できると思えればできるということ

そしてそれは、自分にはできるという自信だ

自信は自分でつけることができる

できたという経験は、

できるという自信になる

そこで私が始めたことは、

「毎朝歯を3分磨く」ということ

1分でなく、3分

この自分で決めた自分との約束を守れるか

そんなこと?

と思うかもしれないけど、

これならできる!

が大切。

ここから私の最後のダイエットが始まった